のほりひがし。 東の感想ブログ

劇場版『ブルーロック -EPISODE 凪-』本編と並行した凪誠士郎と御影玲王のもう一つのストーリー

マンガ・アニメ感想

劇場版『ブルーロック -EPISODE 凪-』を観てきました。

監督:石川俊介
原作:金城宗幸 作画:ノ村優介

週間少年マガジンにて連載中の
累計発行部数3000万部を超える大人気サッカーコミックです。

映画と同じタイトルの公式スピンオフ
『ブルーロック-EPISODE 凪-』
が基になって映画化されています。

また入場特典に描き下ろしの漫画や仕事場紹介
インタビューなども掲載された小冊子が特典に。
ボリュームにテンション↑でした。

あらすじ

毎日をぼんやりと過ごしていた高校2年の凪誠士郎(声:島﨑信長)。
そんな彼の隠れた才能を
W杯優勝を夢見る御影玲王(声:内田雄馬)が見つけることになります。

その天才的な能力に魅了され、凪にサッカーを教え始めた玲王。
やがて2人のもとにブルーロックプロジェクトからの招集が。

そこで爆発的な力を発揮した凪と、彼を世界一にしたいと思った玲王。

ですが全国から集ったストライカーとの戦いは、徐々に2人の関係を変えていってしまうのでした。

感想

映画観へ行く前にアニメか、コミック11巻までの把握がオススメです。

本編を違う視点から楽しめます。

ストーリーの膨らんでいった最後の着地が気持ちよくて

そして凪誠士郎を好きになる。

そのまま続きレツゴーッて

スピンオフから着火してました。

・・・

フィールドで、勝利の方程式を導くピースのはまる瞬間。

才能の原石をもつ選手によって、巻き起こる化学反応。

そしてピースを見つけ、力にしていこうとする主人公の潔世一(声:浦和希)。

自分の中にあったスポーツで浮かぶ青春のストーリーとは違う、最初は異質な作品に見えてました。

青い春じゃなくて青い監獄。

その中で戦う選手によって

サッカー漫画の新しいピースがはめられていきます。

・・・

同じチーム内でもお互いを喰い合い、エゴを燃やすサッカー。

集められた18歳以下の高校生たちFW(フォワード:点を取るポジション)選手。

彼ら300人のコーチを務めるのは絵心甚八(声:神谷浩史)という日本をW杯優勝させるために雇われたコーチです。

絵心の信念のもと、監獄で繰り広げられる白熱のバトル。

負けを知ること。

剥き出しの感情爆ぜる原石のパワー。

映画をきっかけに、また入り混んでたら

タイミングもあると思うけど、ポンプで全身にエネルギーの満ちてく感じがしてました。

エゴパワー充電中です。

コミック


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nohorihiga/nohori-higashi.net/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2652